フォロー率アップ!Instagramの世界観を統一させる5つの方法

2020/10/07

フォロー率アップ!Instagramの世界観を統一させる5つの方法

Instagram運用においてアカウントの世界観に「統一感」を持たせることは非常に重要なポイントの一つです。統一感を持たせることで、いいねやフォロー、保存、新規ユーザーへのリーチに繋がる確率が上がり、企業やブランドの知名度向上に貢献することができます。

そこで今回は、Instagramの世界観を統一させる5つの方法をご紹介したいと思います。実際に弊社でも活用している方法でフォロー率アップにも繋がっている事例が多数ですので、ぜひご参考にしていただければ幸いです。

目次

  1. なぜ「統一感」を持たせることが大切なのか?
  2. アカウントのテーマ・ジャンルを決める
  3. 投稿順序に規則性をもたせる
  4. 加工方法を統一にする
  5. 色合いを揃える
  6. 構図を統一する
  7. 最後に

 

1. なぜ「統一感」を持たせることが大切なのか?

Instagram上でユーザーが新しいアカウントと出会うまでの行動を考えてみます。ユーザーは好きなものや関心のあるものを見つける際に、ハッシュタグ検索、もしくは発見タブ*を見にいきます。そこで気になる投稿があり、そのアカウントを知りたい、他の投稿を見てみたいと感じた時、アカウントのトップへ移動します。この時、真っ先に目に入ってくるのがこれまで投稿していたコンテンツの一覧です。その一覧をみたユーザーは、投稿の内容や雰囲気によって、「いいね!」や「保存」といったリアクションをとり、今後の投稿や情報を追っていきたい!と思った時、「フォロー」します。そのため、アカウントトップに遷移してきたユーザーをフォロワーに繋げるためにはアカウントの世界観の統一が非常に重要となってきます。

ハッシュタグ検索ユーザー行動

実際、 弊社3ミニッツで運用していたアカウントでも、投稿クリエイティブの世界観やトーンの統一を行ったことにより、運用開始から新規獲得フォロワー数が4倍になったという事例もありますInstagramのアカウントは企業の顔となる大きな役割を持つため、「統一感」を意識とした投稿をしていくことをおすすめします。

 

2. アカウントのテーマ・ジャンルを決める

統一感を出す方法の一つ目は、テーマやジャンルを絞った投稿をすることです。それにより自然と統一感が生まれ、ユーザーが投稿一覧を見た際に、そのアカウントからどんな情報を得られるのかが明確になります。何を情報として提供してくれるアカウントかがはっきりしないとフォローするメリットがわからないので、ユーザーにはっきりとテーマやジャンルを認知してもらうことが大切です。

また、アカウントの属性やペルソナを決め一貫性のある投稿をしていくことで親和性の高いユーザーに関心のあるコンテンツとして、発見タブ*へ表示されやすくなります。つまり、アカウントのテーマやジャンルを統一することで、潜在層アカウントへの新規リーチが拡大しやすくなります。


*発見タブは、フォローしている人や「いいね!」した投稿などに基づいて、「まだフォローしていない」アカウントがシェアしたコンテンツが表示される機能

発見タブ

 

3. 投稿順序に規則性をもたせる

統一感を出す方法の二つ目は、クリエイティブ種類ごとに投稿順序に規則を定めることです。縦、もしくは横、交互に投稿の順番を揃えて投稿することで、投稿が並んだ時に統一感があるように見せることができます。

 

4. 加工方法を統一する

統一感を出す方法の三つ目は、加工方法を統一することです。投稿ごとに枠やフィルターを変えるのではなく、アカウントとして加工方法を決めて投稿していきましょう。毎回加工方法に悩む必要もなくなります。またフィルターや加工方法を変えるのではなく、画像に白枠を設けて余白をつくる方法もよく使われます。これによりユーザーは統一感があると感じるだけではなく、画像一覧が見やすくなる効果があります。

 

5. 色合いを揃える

統一感を出す方法の四つ目は、投稿画像の色合いを統一することです。アカウントのイメージカラーを決めて投稿していくことで、アカウント自体の世界観を訴求することにもつながります。

世界観統一イメージ
上:加工方法(フレーム)統一  下:色合いを統一

6. 構図を統一する

統一感を出す方法の五つ目は、投稿素材の構図を統一することです。ここでは、Instagram内でよく見かけ、かつエンゲージメントが高い2つの構図をご説明いたします。

2-1 俯瞰的に撮影

真上から撮影した場合、立体感がなくなり一枚の絵のような構図が完成します。そのため、全体としてまとまって見え、同時に視点が集中しやすいことから見た人に伝わりやすいという効果があります。撮影する際には、画面と平行になるように小物の配置に注意して撮影すると、整理された美しい構図を作り上げることができます。

2-2 奥行きがあるように撮影

Instagramでは、奥行きのある写真がエンゲージメントを獲得するケースがあります。その理由としては、雰囲気がより伝わりやすくなるという効果が関係しています。Instagramは、アカウントトップにおいてTwitterのようにコンテンツが流動していくプラットフォームではなく、比較的溜まっていくコンテンツであるため、当然のことながら、一つひとつのクリエイティブが重要となってきます。例えば、商品の撮影を奥行きを持たせ撮影した場合、ユーザーは自身の生活の中で使用するイメージを想起しやすくなる効果があります。

 

7. 最後に

今回は、Instagram運用においてアカウント自体に統一感を持たせることの重要性と、その方法についてご紹介いたしました。本記事で紹介した方法が投稿一覧に統一感を出し、フォロー率のアップやブランド認知向上の一助になれば幸いです。

3ミニッツでは、SNS運用目的やKPIの設定から投稿設計、運用までSNSに関してトータルでご支援しております。無料でのアカウント分析・ご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

3ミニッツへ問い合わせる

 

SNSマーケティングの戦略立案から運用まで

 

<執筆者>

sakamoto
坂本 もも
SNSマーケティング事業部 SNSプランナー
アパレル業界にて販売業、イベントの運営などを経験後、3ミニッツに入社。
現在、SNSプランナーとしてアパレル業界をはじめ、コスメやスキンケア系のアカウントの投稿設計〜分析までを数多く担当。

資料ダウンロード・お問い合わせはこちら

資料ダウンロード・
お問い合わせはこちら

こんな事例ある?どのくらいで効果が出る?
まずは、お気軽にお問い合わせください